帯広市の「慢性腰痛」専門整体院 ルーツケア

090-1387-0062

ブログ

2017/05/25(木)

腰痛と関連のある臓器『腸』の話

カテゴリー:腰痛の原因

 

intestinal-environment_01

こんにちは。

院長の太田です。

 

本日も腰痛の原因についてお話しさせていただきます。

腰痛の原因には内臓の問題があります。その中でも特に「腸」は、腰痛との関連の強い臓器です。

ですから、腰痛改善のためには腸の管理は非常に重要です。

 

ではなぜ、腸が腰痛と関係しているのでしょうか?

 

まずは、解剖学視点から考えます。

小腸は腹膜の後ろ側、後腹膜についてます。後腹膜くっついているところのことを「腸間膜」と言います。

腸間膜は腰に近い位置にあるため、腰周辺の血流と関係しています。腸間膜には血管が多く存在します。

腸間膜が硬くなってしまうと、腰周辺への血液供給も滞ります。結果、腰痛となってしまう場合があるのです。

 

ですから、腰痛を改善するためには、腸の状態を整えることも重要なんです。

 

▼本日の動画▼

『腰痛の原因 【腸間膜】』

腰痛の原因 【腸間膜】

腰痛の原因 【腸間膜】

 

 

 

 

10月28日(木)まで先着6名様限定割引
残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

090-1387-0062

受付時間 8時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※営業時間は8時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。