帯広市の「慢性腰痛」専門整体院 ルーツケア

090-1387-0062

ブログ

2016/08/19(金)

坐骨神経痛を治すには?

カテゴリー:坐骨神経痛

 

こんばんは!
院長の太田です。

今日は、坐骨神経痛についてお話させて頂きます。

腰痛に合併しやすい症状のひとつに「坐骨神経痛」があります。
お尻から太ももの裏や外側にかけて痛みが出てる場合は坐骨神経に何らかの問題が生じている可能性が高いです。

ではその坐骨神経痛を改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

それを理解するには、解剖学の知識が必要になります。
坐骨神経痛はこのように走行しています。

坐骨神経

この図は右のお尻を後ろから見ている図です。

黄色いのが坐骨神経です。
そしてこの坐骨神経の周りには様々な筋肉が付着しているのです。

例えば梨状筋。

梨状筋

他にも上双子筋や下双子筋、内閉鎖筋、大腿方形筋なども近くを走行しています。

ダウンロード (4)

こういった筋肉が硬くなっている場合、坐骨神経を圧迫したり、その周りの血管に循環障害を起こします。

その結果、坐骨神経が十分に機能しなくなり痛みやしびれが生じてしまうのです。

つまり、坐骨神経痛の原因はこれらの筋肉にあり、その筋肉の状態を把握し、正確に緩めることさえできれば、坐骨神経痛は改善される可能性が高いのです。

動画はこちら↓↓

坐骨神経痛の原因
坐骨神経はお尻の中を走行しています。お尻の奥の筋肉が悪さをすると坐骨神経痛に繋がります。

坐骨神経痛の原因

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

10月24日(日)まで先着6名様限定割引
残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

090-1387-0062

受付時間 8時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※営業時間は8時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。