帯広市の「慢性腰痛」専門整体院 ルーツケア

090-1387-0062

ブログ

2019/12/13(金)

手術による弊害

カテゴリー:腰痛の原因

 

8247babe

こんばんは。

院長の太田です。

 

太陽がだんだんと低くなってきましたね。

昼休みに動画を撮ってますが、陽の光が眩しくて、光に弱い私は目を開けるのが大変です。

 

もうすぐ冬至です。

 

本日私は、六花亭でかぼちゃのぜんざいを頂きました。

ぜんざいの横に塩昆布が添えてあったのが、新鮮でした。

もちろん味は美味しかったです。

ぜひご賞味あれ!!

 

暮れも近づいてきましたが、2019年ラストスパート走っていきましょう!

 

本日は、『手術による弊害』というテーマで話させて頂きました。

 

実は、手術によるゆ着が腰痛の原因になることがあります。なぜか?

身体は膜組織によって全身に張り巡らされております。ボディスーツのように全身が覆われております。

 

手術によるゆ着が起こると、それは全身に波及します。

 

例えば、盲腸(虫垂炎)の手術をした場合、術創部や盲腸周辺の組織がゆ着を起こします。

それによって、右の骨盤が引っ張られ骨盤に歪みを生じさせます。

骨盤の歪みは腰痛を引き起こす原因になりますので、つまり、手術が腰痛の原因になってしまうんです。

 

詳細はこちらの動画でご確認ください。

 

▼本日の動画▼

『手術による弊害』

 

本日はご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

10月28日(木)まで先着6名様限定割引
残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

090-1387-0062

受付時間 8時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※営業時間は8時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。