帯広市の「慢性腰痛」専門整体院 ルーツケア

090-1387-0062

ブログ

2019/04/12(金)

『お尻』が腰痛の原因!?

カテゴリー:腰痛の原因

 

w621_GettyImages-748340303

こんにちは。

院長の太田です。

 

本日は、「腰痛の原因」についてお伝えさせていただけたらと思います。

今日のポイントは「お尻」です。

o0638042614329833544

お尻の周りには様々な筋肉がついてますし、靭帯もついてます。お尻の状態が悪いと骨盤の歪みに繋がってきますし、お尻の筋肉が固まることによって血流障害に繋がったりもします。

 

では、お尻の状態が悪いとなぜ腰痛になってしまうのでしょうか?

 

例えば、お尻の筋肉が固まってしまうと骨盤が後傾してしまうことがあります。

骨盤が後傾すると、本来前弯していなければならない腰椎が、まっすぐになってしまったり、逆に後弯してしまったりします。

これはよくないことなんです。

腰椎が前弯すると椎間板の前方に負担がかかってしまいます。そうなると前側の椎間板が後方に押し出されてしまいます。それが椎間板ヘルニアです!

 

お尻の筋肉が固まる→骨盤が後傾する→腰椎が後弯する→椎間板の前方が圧縮される→椎間板が後方に押し出される→椎間板ヘルニア

というような結末になってしまいます。

 

ですから、腰痛や椎間板ヘルニアでお悩みのあなたは、「お尻」を気にしてみてくださいね!

 

詳しい説明はこちら↓↓

▼本日の動画▼

『『お尻』が腰痛の原因!?』

https://youtu.be/72p6xfnqNhA

 

本日はご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

6月21日(金)まで先着6名様限定割引
残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

090-1387-0062

受付時間 8時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※営業時間は8時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。