帯広市の「慢性腰痛」専門整体院 ルーツケア

090-1387-0062

ブログ

2017/08/24(木)

腰痛の原因 解剖の解説

カテゴリー:腰痛の原因

 

20170315blog

こんにちは。

院長の太田です。

 

本日は、腰痛の原因についてお話しさせていただきます。

 

私はいつも「腰痛の原因は腰にはない」と言うような話をさせていただきます。

なぜなら、ほとんどが痛みの出ている部分“以外”の動きが悪いことで腰に過剰な負担がかかっているからです。

 

ですが、当然腰にも問題がある場合がほとんどです。

特に腰椎の上部の部分が原因となり、腰痛になってらっしゃる方が多いです。

 

では、どんな特徴があるのでしょうか?

 

これは人間の構造が影響しています。

特に筋肉の構造が理解できれば腰痛の原因が理解できます。

 

どんな筋肉が影響しているのか?

 

腰に着く筋肉はたくさんあります。

腰方形筋、大腰筋、下後鋸筋、多裂筋、横隔膜、弓状靭帯、僧帽筋、広背筋など。

 

今日の動画では、これらの構造が簡単に理解できますので、ぜひチェックしてみてください。

 

▼本日の動画▼

『腰痛の原因 解剖 筋肉 ホワイト君』

腰痛の原因 解剖 筋肉 ホワイト君

腰痛の原因 解剖 筋肉 ホワイト君

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

9月24日(月)まで先着6名様限定割引
残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

090-1387-0062

受付時間 8時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※営業時間は8時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。