帯広市の「慢性腰痛」専門整体院 ルーツケア

090-1387-0062

ブログ

2017/03/31(金)

横隔膜と大腰筋を自分で緩める方法

カテゴリー:腰痛の管理, 腰痛改善法, 自主エクササイズ

 

こんにちは。

院長の太田です。

 

 

昨日までは、身体の前方の組織を緩めることの重要性についてお話しさせていただきました。

 

腰痛を改善するためには、腰や背中だけマッサージしていても良くありません。

理由は、身体の前後のバランスが崩れてしまうからです。

ですので、前方の組織も緩めることが重要なんです。

 

こういった趣旨の話でした。

 

そこまで言われても自分でどうにかする方法はないの?

 

と、言うご要望にお応えして、身体の前方の組織を自分で緩める方法についてお伝えさせていただきました。

腰痛改善に重要な【横隔膜】と【大腰筋】の緩め方について説明しておりますので、どうぞご覧になって見てください。

 

 

▼本日の動画▼

 

『横隔膜と大腰筋を自分で緩める方法』

 

【横隔膜】と【大腰筋】を自分で緩める方法

【横隔膜】と【大腰筋】を自分で緩める方法

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

090-1387-0062

受付時間 8:00〜20:00(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は8時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。