帯広市の「慢性腰痛」専門整体院 ルーツケア

090-1387-0062

ブログ

2017/03/08(水)

膀胱、子宮がお尻の痺れを引き起こす!?

カテゴリー:坐骨神経痛

 

こんにちは。

院長の太田です。

 

 

本日は、坐骨神経痛についてお話しさせていただきます。

 

坐骨神経痛の原因の一つに骨盤内臓器の問題があります。

骨盤内臓器といえば、例えば膀胱、子宮、直腸などです。

 

これらの臓器の周りの組織が硬くなっていたり、一方に引っ張られていたりすると、周辺の血流が悪くなります。

 

ですから、膀胱や子宮の状態も坐骨神経痛には関係しているんです。

 

 

詳細はこちら↓↓

 

▼本日の動画▼

 

『膀胱、子宮がお尻の痺れを引き起こす!?』

 

膀胱、子宮がお尻の痺れを引き起こす!?

膀胱、子宮がお尻の痺れを引き起こす!?

 

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

12月14日(金)まで先着6名様限定割引
残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

090-1387-0062

受付時間 8時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※営業時間は8時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。