帯広市の「慢性腰痛」専門整体院 ルーツケア

090-1387-0062

ブログ

2016/10/19(水)

神経痛のメカニズム

カテゴリー:坐骨神経痛

 

こんにちは。

院長の太田です。

 

 

本日は、「神経痛」についてお話します。

 

神経痛の代表例として「坐骨神経痛」があります。

坐骨神経痛はお尻から、太ももの外側や裏、足にかけて痛みが出ます。

 

その他に大体神経や腓骨神経の領域に痺れや痛みが出る場合もあります。

 

これら神経痛の原因には、「下腿骨間膜のよじれ」というものもあります。

骨間膜がよじれていたり、硬くなったりすると神経が引っ張られ痛みが生じることがあります。

 

神経痛の原因は「腰」だけではないんですよ。

 

本日の動画はこちら↓↓

神経痛のメカニズムとは?

神経痛のメカニズムとは?

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

10月24日(水)まで先着6名様限定割引
残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

090-1387-0062

受付時間 8時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※営業時間は8時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。