帯広市の「慢性腰痛」専門整体院 ルーツケア

090-1387-0062

ブログ

2016/09/26(月)

ぎっくり腰を甘く見ていると危険です。

カテゴリー:ぎっくり腰, 坐骨神経痛, 腰椎椎間板ヘルニア

 

こんにちは。
院長の太田です。

今日はぎっくり腰についてのお話です。

ぎっくり腰は、全身の筋疲労で起こります。
草取りなどで不良姿勢が続いた後、仕事で肉体疲労が続いた後などによく起こります。

身体の許容量オーバーになり、耐えられなくなると痛みとなって現れます。

ですので、通常は1~2週間もすれば全身の筋疲労が抜け、痛みがなくなります。

ですが、ここで考えてください。
なぜぎっくり腰が起こってしまうのでしょうか?

ぎっくり腰を起こす方にはある特徴があります。

それは「何度も繰り返す」と言うことです。
また、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断された方の多くは、以前にぎっくり腰を経験されている方がほとんどです。

つまり、ぎっくり腰を1度でも起こしたことがある方は、何らかの原因で、ぎっくり腰を起こしやすい状態だということです。

そこを改善しなければ、何度も繰り返すことになり、さらに腰痛を悪化させてしまうことになるのです。
最悪の場合、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を患ってしまうかもしれません。

早めに、痛みの出にくい身体を作って頂きたいと思います。

今日の動画はこちら↓↓

【ぎっくり腰】はこう考えるべきです!

【ぎっくり腰】はこう考えるべきです!

今日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

 

6月20日(水)まで先着6名様限定割引
残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

090-1387-0062

受付時間 8時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※営業時間は8時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。