帯広市の「慢性腰痛」専門整体院 ルーツケア

090-1387-0062

ブログ

2016/09/02(金)

腰痛を治すために必要な考え方

カテゴリー:オステオパシー, 腰痛の原因

 

こんにちは。
院長の太田です。

今日は、腰痛を改善するための考え方についてお話します。

オステオパシーの原則にこんな考え方があります。

「機能と構造は相互に関与する」

どういうことかと言いますと、身体の機能の変化は身体の構造に変化を起こし、構造の変化もまた機能の変化を起こすということです。

少しわかりにくいですね。

例えば、肝臓機能に問題がある場合。

肝臓の機能が落ちている場合、肝臓の周りの組織が硬くなります。

肝臓は、へそ、横隔膜、心臓、胃、十二指腸、腸間膜などとつながりを持ちますので、姿勢を崩す原因になります。

姿勢の崩れは、腰痛の原因となりますので、肝臓の機能低下が腰痛の原因にもなりうるのです。

詳しくはこちら↓↓

機能と構造は相互に関与する

機能と構造は相互に関与する

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

6月18日(月)まで先着6名様限定割引
残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

090-1387-0062

受付時間 8時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※営業時間は8時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。